スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ

仕事関連で英語の勉強をしていたときにOxford collocations dictionary を勧められた。忙しさにかまけて広げてよく読むことはなかったけど、ある晩、旦那に
「キミね、よくordinalっていうけど、ordinaryの意味なんでしょ?ちゃんと使わないとね」と釘をさされて、今開いて見ました。
これは辞書なんだけれど、
よく使われる言葉の
意味、フレーズでの使い方、そのフレーズがどんな状況で使われるか結構細かく書いてある。
真ん中にちょっとしたStudyPageもあったりする。
この辞書にはOrinalが出てないので、本来の辞書でみるとOrdinalは数の表現のみ。勘違いもいいかげん!今までよくわからずにしゃべっていたかと思うと顔から火がでる!
穴があったら入りたい!

次に本来の辞書で「普通」とあったOrdinaryをcollocaions dictionaryでみると訳は余りにもわかりすぎているので表記されてなく、一緒に使われる動詞はbe, look, seem| becomeとあった。Adverbはdecidedly, terribly, very, perfectly, quite, fairly, pretty, rather, essentiallyとある。
なるほどね。勉強になりました。

このシリーズの続きにPhrasalVerbsとIdiomsの辞書もある。
こうなると全部そろえたくなるなー。
でもこれを使いこなしてからのほうがいいかな?
ともかく、イギリス英語をきちんと勉強したい人にはこのOxford Collocations Dictionaryはお勧めです。
ちなみに私はこの出版社の回し者ではありませんのでよろしく。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。