スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風、お茶、Dr.Who

夕飯後に、エンジェルがひょんなことで日本の火山の話を始めて、
「日本に行って火山の噴火にあったら危ないんじゃないか?」というので、
「火山の噴火にあうのはそうそうないし、それなら台風にあうほうが確率高いと思うよ。」
と、返事をしたら、
傍で聞いていた旦那が、
「君は今『お茶の名前』を言ったのか?」と。
私は懸命に
「違う違う、
た・い・ふ・う」と一言一言区切って強調して(特に「ふう」のあたりを)いったら
「ほら、又お茶の名前をいった」としつこい。
「じゃ、そのお茶の名前を言って見て」
と彼に言わせて見るものの、日本語の台風とはまるで発音が違う。
で、又違いを強調するため「ふ」の発音の口をしてみる。
「君のFの発音はあるかないかの発音なんだよな。英語にはそんな音はないんだよ」と。
ためしに、family, funとFのつくものを発音してみるものの、「違う違う」と、逆に首を振られた。
傍で聞いていたエンジェルはしのび笑いをもらしながら、
下唇をかんで正しく
family, funと発音。
私はまけじと、
「私のどこがいけないっていうの?Dr.Whoだってちゃんといえるのに!」と。
すると旦那は
「又、お茶の名前を言ってる!」
「Dr.Whoのどこがお茶の名前なの?Whoだってば。」
「君がいってるのはお茶の名前の方だよ。」
埒が明かないので
「じゃ、どう言えばWhoに聞こえるの?」というと
「Wowといってごらん」と、
言われたとおりに言うと
「じゃ、Wow,wowって言ってWの音の直後にHooっていってごらん」と。
その通りいうとまるで口が痙攣を起こしたかのようなWhoになってしまった。傍で聞いていたエンジェルはマミーの苦労を尻目にwho, who, whoと。正しい発音を披露。
ええい、どこが違うってのさ!
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。