スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sherlock

面白くなかったものの
見る物がなくて「シャーロック」を見ていたら
なんといきなり
「最終回」
でした。

え、でも3話ですよ?
短かすぎませんか?
内容は世にも悪名高いブラックメーラーについて。
閣僚に頼まれて漏れては困るプライベートの手紙を
なんとかしてもらうという使命を抱いてブラックメーラーに挑むのですが、
そこでなんと
思っても無い人から胸を撃たれるシャーロック。

床に倒れるまでの3秒間に生き残る術を考え尽くして挑むのですが、
病院では医者の必死の蘇生もむなしく心電図が真っ平らのまま。
医者も諦めかけていたのだけど
彼の無意識の中のモリアーティが
「君が死んだらジョン(ワトソン)が危険に曝される」という言葉に
はっとなって必死になって意識を呼び戻すという筋書き。
生き返ってめでたしめでたし、なんですが。

その後自分の命を賭けて自分を撃った人の本性を暴くかと思いきや、
なんとその人のプライバシーを守るために
わざわざ再度プラックメイラーの元におもむき、
兄さん(政府高官)のラップトップをわざと盗み取って
その人の資料と交換する条件であげちゃうのでした。

で、ブラックメールの資料はどこに隠してあるのか?というシャーロックに問いに対して
「全部ここだよ」と額を叩いてみせるブラックメーラー。
そのやり取りの間に自分のラップトップが盗まれたと知った兄さんが
諜報機関全員を駆使して屋敷を取り囲み、シャーロックを殺そうとやってきたら、
なにをどう思ったのか、シャーロックはそのブラックメーラーを撃ち殺してしまったとさ。

どんでん返しもいいところ。
それでシャーロックが事の始末のために海外に出されることになったときに
それまたひょんなことで
イギリスに呼び戻される。

というのはシリーズ2の結末で死んだはずのモリアーティが
全国のテレビに自分の映像を送り込み
「僕がいなくなって寂しがってるのじゃないか?」
と報道したから。
「生きてるのか?」
「本当か?」
「シャーロックを呼べ」
「でも彼飛行機で行っちゃったし」
「じゃ、呼び戻せ」
のような会話が交されて、終わり。
なに、それ!ですよ。

話しが飛んでいるように思えたのは
余りの視聴率の低さでいきなり最終回に持って行ったのか?
それでも全体的にシナリオが弱かったし、次のシリーズが続くかは疑問ですが、
モリアーティを持って来て皆に関心を持たせ、是非とも次ぎのシリーズを!と言ってほしかったのか?
でも私個人としてはそんなことはもうどうでもいいんです。

やっぱりホームズは原作を読むのが一番。
あ、でも自分が読むのだったら日本語訳で。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。