スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月のテレビ

イギリスのテレビは正直いって面白くないです。
春までなんとかお茶を濁してちょって感じの番組構成ですね。

イギリスのテレビ局って視聴率を気にしないのでしょうか?ってなくらいの
気合いの入ってない番組ばかり。

それでも唯一見る価値があるのは。。。
Dancing on the Ice
トービルとディーンというアイスダンスのリジェンドが仕切っているのですが、
芸能界の人たちがプロのスケーターと組んでアイスダンスをして毎週勝ち抜くという番組なんです。
プロでも怪我人がでるというそっちのほうで盛り上がっているのではないか思わせられます。
が、今回でうちきりということで今までのシリーズでファイナルまで勝ち残った人たちに少数の人気者たちを交えて番組がスタートしました。初回からいきなり2組が切らました。
ハイライトがありますが、イギリス国外から見られなかったらごめんなさい。今日の放映では残りのカップルのパフォーマンスです。これからレイ、サム、ゲリー、と男性陣に加え、ぶっちぎりで優勝したヘイリーのバフォーマンスも見物になるでしょう。今までは毎週違うスケートのステップを盛り込んだり、映画のテーマにそったパフォーマンスがありましたが、今回はどんな形式になるのか興味ありますね。

日本でもこんな番組やればいいのにと思いますが、必ず出るであろう怪我人の治療とリンクの使用料と保険で番組の運営が難しいでしょうか?でもお笑いのシーンも加えればヒットを取れるとおもいますがねえ。「日本からやってきました」という感じで飛び入りで参加できていたらその部分だけは日本でもみられるかもしれませんね。

期待していたシャーロックですが、初回はどうやって「死」を偽装したのかというところが焦点だったのに結局あかされず(13の可能性があるでいいじゃないか、で終りました)、ジョンがたき火にされそうになるところをシャーロックが救って、ロンドンの地下鉄の車両に爆弾をしかけて使ってない駅(議事堂の真下にある)に放置してあったのをジョンとシャーロックがみつけて止める、でおしまいになりました。2度目はジョンの結婚式で盛り上がらないストーリー仕立て。以前は原著のストーリーラインを借りて今だったらどんな感じになるか、で面白かったのですが、自分たちのオリジナルは書けないとみました。がっかりです。

ですが、21日からとうとうイギリスでもアメリカでは有名なthe middleの新しいシリーズが放映されます。待ちに待ったという感じです。面白いし、笑えるし、心に響くはっとするシーンも毎回あるし、日本でも放映されればいいのにと思います。ちなみに旦那はアメリカのコメディ番組がイギリスで放映されるということにかちんとくるようで「なぜアメリカ人に笑いを教えてもらわなければいけないんだ」なんていうんですよ。面白い物は国境なんて関係ないんだ、ぷんぷん!

アメリカのテレビの放映権は高いらしくって視聴率があがりそうもないなら買わないという感じなんですよ。Once upon timeも待っていたのに、今まで放映していたテレビ局がそんな理由で買わないことになり、イギリスでは見られなくなってしまいました。残念。アマゾンでDVDを買うしか無いですね。

こちらは日の出7時過ぎ、5時くらいでもう真っ暗なんですよ。夜長にはテレビは欠かせないのにみるものがない!というのはひど過ぎます。せめて常時料理番組を報道するテレビチャンネルを設けるとかしてくれればいいのに!です。本でも読めばということでしょうか?横文字は仕事だけにしたいです。
ということは、ふて寝しかない?!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。