スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会格差にもの申す!

日本で本当にブームかどうかはわかりませんが、
社会格差という言葉をかなり昔から聞いてきました。
本もいっぱいでているのですが、

そういった本の中で最近聞いた言葉が
「格差が日本特有の絆を壊し命の格差を作り上げている」
ということ。

でも私は声を大にしていいたい。
それは逆だと。

絆が壊れたから社会格差ができたんだと。

よい大学に入ってよい会社に就職して稼げば成功という資本主義特有のうたい文句に踊らされて、競争主義に走らされたつけが今回ってきているんです。誰もが勝ち組になりたくて、負け組を捜しては安心する、そんなカルチャーが日本の社会格差の温床じゃないんでしょうか?

同じ日本人でも皆同じじゃないです。能力だって人多々あるんですし、違いを奨励しないで、むしろよし悪しの二極化にしてきたのが、勝ち組思想の根源じゃないでしょうか?

近年のグローバル化した経済の中でまず永年雇用という雇用形態が崩れました。私は経済学者でもなんでもないんですが、疑似家族のような伝統的な会社社会が日本の社会の基盤で、日本の絆の元なのだと思います。その基盤がなくなり能力のある人だけが勝ち残れるという錯覚が横行して皆が我先にとその勝ち組のボートに乗りたがるようになりました。そんな中で人との絆なんてへったくれですよね。でも勝ち組は負け組がないと同定できませんよね。だから負け組を同定して徹底的に叩く。それが今の日本の社会になりつつあります。

教育が個人の生活習慣が格差解消になるとずっと言われてますが、そんなのはっきりいって焼け石に水ですし、政策介入しようものならよきものを得るリソースの違いによって余計に格差を助長します。

ともかく私が言いたいのは本や巷にあふれる情報に踊らされないで、自分たちで取捨選択すること。その上で行動すること。人は違っていて当然。違うからこそお互いの良さを合わせて、皆の可能性が最大限になること。だから自分だけが勝たなくても、得たい物が得られなくても、皆で生き残れる道がちゃんとあるということ。

今の日本の政治はどれだけ頑張れるのでしょうか?
風よ吹いて行け
去年も貼りましたが、又今年も。。。好きになった曲の一つです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。