スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱い自分、ダメな自分

前回の記事のコメントのやりとり
気づいたことです。

「我が我を救った」

いじめにあって自分を守っていたのは
自分だってことで
普通だったら
「いじめられてしまった自分」を
「どこかにいけないところがあるからなんだ」と
いけないところを細分化して
自分を切り刻んでたことだろう。

それをしなかったのは
どこかで
「自分はこれでいいんだ!」と
思ったんじゃないのかな?

今でも私は知っている人に
自分がプレゼンしているのを聞かれたら
「ああ、この人まるでへたくそね!」なんて
思われるんじゃないかな?なんて思って
ああ、極力避けたい!
って思っちゃいますよ。

どんな自分も自分。
嫌ってしまっては自分が欠けてしまうね。
ナイフで切りつけるのと同じだよね。
そんなことをしたらいつか自分の心が
出血多量に陥ってしまうね。

弱くてもだめでも、
見た目が悪くても
自分の中の「自分」は表に出たがってる。
でも出られないでいる。

そんな自分には
自分の子供に接するように
唯一自分の理解者であった小3・4の担任のO先生がしてくれたように
弱い・ダメな自分の背中を押して
「気にしないで一歩踏み出して表にでてごらん」
って、出してあげよう。

楽になろう。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。