スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠意をこめて精一杯

私は体育は苦手。
走るのは遅いし、
それにもまして
肩がないから
ボールが投げられない。
手が小さいから
女子用のソフトボールさえ
巧くつかめない。

何が一番嫌いかって
小6にあった
体力テストのとき。
走れず
投げられず
おまけに
懸垂ができなくて
あがれないって
わかっているのに
甲斐性なく鉄棒にぶら下がって
力尽きて地面に落ちた自分が
情けなかった。

短大に進んだときでも
体力が必要なだからといって
体育の授業があったっけ。

いやほんとう
体育の授業という二文字が
自分の人生から消えたときは
「やっと自分の思い通りにできる!」
って思ったっけ。

でも今でも似たようなことで
悩まされている。
それは英語のこと。

日本を出てから何年もクラスに通ったし、
仕事場でも通った。
プレゼンであがってしまうから
マテリアルでわかってもらおうと
資料作りには力をいれるけど
結局はあがっちゃう。
どもっちゃう。

レポート提出しても、
ボスから返ってくるのは
「英語直しといたから。」


「結局頑張ってないじゃない」
という体育の授業のシーンの
リピート。

いやね、確かに
ところどころ間違えるのは
認めます。
でももう自分の能力以上のことを
できるように夢を描いて自分に鞭を打たないって
きめました。
私がオリンピック選手になることはなかったのだし、
コンクールで入賞できるようなピアニストになることだって
なかったのだし、
今から著名なジャーナリストやエッセイストになることだって
ないんですよ。

でもね、
私がこうやって生きていること
仕事していること
子供がピアノを使ってないときに
弾いて見ること。
みんな好きでやっていること。
これが何か先にひとのためになって
誰かをつなぐ手助けになるのだと
信じて
心をこめてやらせてもらっている。

もしかしたら
「気持ちだけじゃ仕事できないのよ。」
といわれて明日首を切られるかもしれない。
でも、「この報告文が将来なにかのためになるかも?」と思う
自分の気持ちは誰も私から取り上げられない。

コメントつかないけど、
このブログだって
誰かが読んでいるでしょう。


ネイティブの人からみたら
シンプルな文章だけど
グラマーだって間違えちゃうけど
その中でも自分の気持ちは
伝わるように
自分らしい英語の文章にできる
勉強をしよう。

報告文を沢山書かせてもらおう。
ミーティングだって取り仕切っちゃおう!
発表だって進んでやってしまおう。

読んでくれてありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

英語に悩まされるのは日本に住んでいない限りずっと付きまとうんですよね。私もことあるごとにこのことが主な原因で落ち込んだり病んだり、夫にあたったり(ひどい私)と英語が完璧ではない自分というのにコンプレックスがあります。
でも、日本にいたときは別のコンプレックスがあったんです。きっと人間は状況が変わってもいつでもコンプレックスをみつけては悩んでしまう生き物なのかもしれません。
だけど、逆に考えてみればコンプレックスを感じず毎日何の疑問を持たず生きていくほど無駄なことは無いのかもって思うんです。何も進歩はない。だから、コンプレックスがあってそのときは落ち込んでも次によし、乗り越えてやる!っと頑張ればそれでいいのかなーなんて思うようにしてます。
さあ明日も頑張っていきましょう!

Soyaさん

> でも、日本にいたときは別のコンプレックスがあったんです。きっと人間は状況が変わってもいつでもコンプレックスをみつけては悩んでしまう生き物なのかもしれません。
Soyaさん、その通りだと思います。結局は形をかえて現われるだけなんですね。おっしゃるとおり、コンプレックスがあってこそ進歩もありますね。こんなだめな自分を丸ごと受け止められるからこそ私のの進歩があるのだと私は思ってます。

> さあ明日も頑張っていきましょう!
お互い頑張りましょう。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。