スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦は合わせ鏡

時々遊びにいくブログのコメント返しで
「辛いのは幸せになる途中」という言葉を教えてもらいました。
というのは一本、横棒を足せば
辛いという字は幸せになるから。。。

私いつも辛い辛いって
思ってばかりいるんじゃないだろうか?
その思いばかりで
横棒を額にいれはしても
辛いという字には
いってなかった?
そもそもいつもの不満のたねは
旦那のこと。
無駄使いやら
彼のものすごいTemperとその上の暴言に
傷つけられること。

昔人に言われた言葉
「Marmiteさんならもっといい人みつかる」とか
「離婚は恥じゃないから考えなさい。」
そんな思いが頭にこびりついているから?

前の日記に書いた中川あゆみさんの歌をきいて
こんな自分の思いは思い上がりで、
間に挟まった子供が一番辛いんだって気づきました。
大好きな両親がどうしてお互い喧嘩するのか、
夫婦が責め合うときって
子の自分が否定された気がするんですよね。

そういえば自分の子供時代も
母が父をけちょんけちょんにけなしてました。
父似である自分は
「お父さんに似て」という前置詞にはじまって
母に自分を否定され続けてきたのですね。

そういう母だって私の知らない辛い少女時代が
あったんだと思います。

夫婦は合わせ鏡。
旦那の何かを否定するということは
自分の何かをみたくないということ。
幸せは誰かがあたえてくれるものじゃなくて
自分で「そうだ」って思えるとき。

辛いオンパレードの連鎖は
自分の代で終わりにしないと。
向き合える夫婦になるのは
自分の代の課題。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。