スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAQ

Life in the UK のテストについてのFAQをまとめてみました。
詳細はここHOのサイトを見てください。
Life in the UK Test FAQ

*ESOLレベル3の英語力があれば受験可能。つまり、このテストが受かれば最低でもESOLレベル3があるとみなされる。(注:現在ESOLレベル3の認定書を受験時に求められてはいないが、ポリシーが変わることもあるので詳細はテストセンターやHOに確認すること)もし英語力がESOLレベル3に満ちていないと思う場合はシチズンシップコースが盛り込まれているESOLコースを代わりに取得できる。
Life in UKテスト合格か、もしくはこのシチズンシップコース終了をもって永住ビザ(ILR)が申請できる。

*永住ビザ申請時にこのテスト(またはシチズンシップコース終了書)合格が必要になるのは2007年4月2日以降。

*身体、精神に障害があってテストを受験できない人、18歳未満、66歳以上の人(すなわち18歳から65歳までは受験対象になる)は受験が免除される。移民局(IND)にその旨申請する。

*ILRを申請する人が英語がネイティブ(例:アメリカ人)で英語が不自由なく話せる場合、もしくは英国で学校教育を受けたものでもこのテストは受験しなければならない。

*HSMP(技術者移民プログラム)のスキームで労働パーミットを所有している人の場合でも受験を必要とされる。

*EEA圏の人はテスト受験を要求されないが、イギリス国籍取得を希望の場合はテストを受けることが要求される。

*チャネルアイランド、マン島在住者の場合はテストの問題数と内容(25問のうち6問はその土地特有の質問)、受験方法は本土と異なる。

*このテストは何回受けても可(不合格の数でILRが拒否されることはない)。が、何回も落ちつづける場合はシチズンシップESOLコースを受けることを勧められる。

*受験中に現在のビザの期限(例:FLR)が切れてしまった場合、もしくうは期限が目前なのに合格ができていない場合はFLRを再度申請のこと。(FLRの申請回数には限定は無い)

*LifeinUKテスト合格の効力の期間は無期限。受かればいつまでも有効。

*テストの費用は34ポンド

*ILRの申請期間は現在のFLRが切れる28日以内にする。それより以前には申請は受け付けないし、申請しても収めた申請費用は返金されない。

*テスト申し込みは最寄のテストセンターに電話して申し込む。最低7日から4週間の待ち時間を要する。

*テスト受験時には本人の写真があるID(パスポート、イギリスの運転免許書)を持参のこと。又、自宅の郵便番号を聞かれるのでその情報を提供できる書類を持参したほうがよい。費用の34ポンドはテストセンターで受験前に支払う。

*受験日を変更したい場合は受験日の7日前までなら連絡して可能。その期間を切ると10ポンドの費用を請求される。が、各センターによって違う可能性があるので確認すること。

*テストの制限時間45分、問題数24問を解く。75%が合格ライン。終了時に合格したかどうか教えられる。

*ILR申請時にはこのテスト合格書を添付。ただし、合格書を紛失すると再発行してもらえず再度受験を必要とされるので紛失はなるだけ避ける。

*テスト不合格の場合は7日間待ってから再度受験申し込みして、テストを受ける。

これ以外の情報ありましたらよろしくお願いします。文字色
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。