スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでのDV2

DVのことをその後色々調べたけど、
全く情報はなかったです。

日本人向けのDV団体はないし
シェルターで働いている人がいたとしても
そういうのは表にはでないのが当然ですよね。

在ロンドンのカウンセラーはいましたが。

でも色々調べたら
日本人が運営している日本人専用の
サマリタンの電話番号が!
Samaritans Japanese line: 020 7287 5493
オープン時間
月曜)19:00 – 22:00
水曜)19:00 – 22:00
金曜)19:00 – 22:00
土曜)11:00 – 14:00

サマリタンズは悩み事の聞き手のボランティア団体だからDVとは
直接関連がないけど、誰かに聞いてもらいたいときは
電話してみてくださいね。
翻訳できるかな?と思って
Women'sAidが提供している英語のサバイバーのハンドブックを
よんだけどあんな頭のくらくらする文章を
混乱した頭でよく読めると思うのかと思う内容でした。
(口調がくどいんですよ。)
Informationパックは他にも色々あるとか書いてあるし、
すぐ知りたいのに、黙って座って
どのパックを読んだらいいのか
わかるのかなあ?

ともかく、
DVを受けたら信頼できる周りにいうこと。
GPや警察のDVの係り、ローカルのWomen'sAidの相談係り
子供がいたら子供の学校の先生、チャイルドマインダーにも伝える。
近所にも「暴力をふるっている音が聞こえたら、警察呼んで。」と頼んでおく。

普段から動けるだけの小銭は身につけておく、
逃げたときに必要なパスポート(子供のものも)、銀行のカード、小切手、自分の名前が入った財産の書類(家、モルゲージ)はすぐ出せるようにしておき、みつからないようにする。
逃げるための荷物(服、子供のお気に入りのおもちゃ)は作って、
信頼できる人のところに預けておく。
そうでもしないと自分や子供の安全は危ないというような内容でした。

おかしなことにイギリスの公共機関はDVに関しては日本での
サービスの情報(英語OK)をちゃんとウェブに載せているのに、
在英日本国大使館のサイトには旅行者への安全対策の情報はあるけど、
DVに関してはDの字もなかったです。
せめてオールイングリッシュでもNational Domestic Violence Helpline の
電話番号(0808 2000 247)くらいは載せてくださいよ!

ちなみに
Wales在住者のため番号は:Wales Domestic Abuse Helpline 0808 80 10 800
Scotland在住者のための番号は:Scottish Domestic Abuse Helpline: 0800 027 123.
NorthernIreland在住者のための番号は:Northern Ireland Women’s Aid 24 hour Domestic Violence Helpline: 0800 917 1414

できれば簡略化された日本人向けのサバイバーのハンドブックを
作ってリンクをはって欲しいな。

本当は日本人のDVの団体ができればもっといいのですけどね。

大事なことは
DVで身の危険を感じたら
英語なんてどうでもいい、返事どうしようなんて考えずにすぐ
999
を押して!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。