スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ だから もう

懐疑的、超ネガティブな自分は
前ほどではないものの
人から「xxしなさい」と上の目線から言われるのに
抵抗がある。

前回の日記にも書いたけど、
「口ではなんとでもいえる」と思いがち。

実際人の痛みを知らない人に
「あなたの苦しみの根本は
あなたが悟ってないせい。」とか
「神様を本当に信じていれば
そんなことは気になりません。」
なんていわれたら

「私が仕事なくしたらあなたが
仕事をくれるんですか?」とか
「じゃ、実際に家族全員で路頭で迷っていたら
自分の家にいれてくれるんですか?」
って思う。

こういうことを言う人に限って
教会でコーヒーを飲んでいる時間に
教えのことを一緒に語りかけてくれない。
(私がわかってないから話したくないといわれればそれまでだけど)

教会の寄り集まりでごはんをもっていったときに
私が作ったものはなぜかはけない。
前回のもちよりのときに
「何?あれ?
得体がしれないわね。
わからないものは食べないほうがいいわよ。」
私の作ったものを指差して
そうやって会話しているおばさん方の後ろに
偶然にも立って聞いてしまったから。

おっと、脱線。

こういう超ネガティブな自分だから
「一体誰の話なら私はすんなり本当のことだと
受け入れられるんだろう?」
「自分の苦しみや痛みを体感している人でないと
ダメだろうなー。」
「身近にいて私の知っている人で。。。」
「一体誰なら?」
と、通勤途中の道で
考えながら仕事場に向かって歩いていたある日。
いるじゃん!

もちジーザス。

無罪なのに有罪にしたてあげられ
あんなに大勢いた自分の信者は
捕まえられたとたんに
霧のように消えてしまい
自分を助けにきてくれるどころか
助かるチャンスがあったときに
「罪のないキリストを磔にしないでください!」
と叫んでくれなかった。

捕まえられたから教えをひろめるという
自分の仕事は中断。
唯一の所持品である自分の服も
脱がされて兵士の間で取りざたされた。

昨日まで
起こしてくれるミラクルを頼って
「あなたは素晴らしい」といっていた人たちは
「あなたのことなんか知らない」
「おまえ何様?」
「本当に自分が神なら自分を助けられるはず!」
なんて手のひらをかえた態度。

鞭うたれ
釘で十字架に打ち付けられ
その重みをしょって町を
血まみれになって歩き
最後の息が絶えるまで
身体の苦しみに耐えなければいけなかった。

もちろん一番の苦しみは
大好きな
いつも語り合えていた
天の父が一言も言葉をかけてくれなかったこと。

教会ではキリストが十字架にかけられたのは
私たちのSinの対価のためと教えられてきた。
なのでキリストをSaviourと受け入れさえすれば
天国にいけるようにするためだと。

私はそれに付け加えたい。
「十字架にかけられることによって
キリストは私たちの現実の苦しみを体感しました。
痛みを知ったものとして
私たちの身近な存在になるために
天の父に遣わされたのです。」

ハレルヤ!
もうこれ以上何も知る必要は無い。

悟りも
めざめも言葉だけ。
自分の苦しみの根源の
カルマなんてものもない。
勿論悟り・気づきを得るために
瞑想なんてものもする必要は無い。
今ここがあるとしたら
神様と一緒の時だけ。

惑わされてノウハウ本やDVDを買いそうになったら
思いとどまって
そのお金を
町のBig issueを売っているホームレスに
あげることにしよう。

神様ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。