スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのノロウイルス

先週職場で新年会なるもので近所のレストランにみんなで出かけた。料理は悪くなかったし、ビュッフェだったので元をとらんとしてそれでもセーブしつつ(以前の私を知る人がみたら信じられないくらい食べられなくなったと思うだろう)詰め込んだ。

風邪がはやっているらしく、テーブルの周りでは激しく咳き込んだりするひとたち数名。
悲劇はその夜訪れた。

帰宅して夕飯を食べたけど(え、食べられなくなったというのはうそか?と突っ込まないでほしい)、何か釈然とせず、そのまま床につく。

うとうととはするけど、胃の中に塊がつっ変えているのを自覚して目覚める。

これって…やばいよ。ノロじゃん?と思ったら
「は!やっと知ったか!」かというように胃の中のノロが波状の猛攻撃を仕掛けてきた。

トイレと友達になること数分。げっそりしてベッドに戻る。

そしたら今度は腸がやたらに動く。胃の中のノロは二手に分かれて、半分を胃に残しつつも先手は腸に向かった様子。

またまたトイレとお友達(筆舌に尽くすとお叱りを受ける惨状なので割愛)になること数十分。

げっそり、ぐったりしつつベッドに戻る。

さらに胃に残ったノロも下に下りていったようで、波状の攻撃を腸にまともにくらい、その夜私とトイレは最愛の仲となった。

病気にはカテキンと思い緑茶を飲んでしのぐが、元気が出ず。結局土曜一日ベッドで臥せっていたら、おかゆを作って食べられる元気がでた(家の旦那にこういう高尚なものは作れないので自分が作るしかない)。
やっぱ病気の日本人には日本の病人食でないとね。

みなさんもノロには気をつけてください。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。