スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬぁなんと!

小耳にはさんだことなのだが、HOは今年の4月2日以降に永住権(IndefiniteLeaveToRemain)を申請する人たちはESOLのEntryレベル3以上を持つ証明書を提出し、イギリスに対しての知識をばっちりもっているということを証明するためにテストをうけないと発表した。

もし、レベル3に足りない場合はESOLのコースでシチズンシップのコース内容をカバーしているコースを終了したという認定書を提出しないといけないのだそうだ。
このイギリスについての知識はそう、市民権取得のテストと同じらしい。テストを提供する団体で内容を見てみたらわが目を疑った。
大体、あなたこの国の若者人口がどのくらいってわかりますか?

今新しいガイドブックが出る予定で10ポンド近くで書店やアマゾンで購入できるらしい。
ちなみにテスト代は34ポンド。永住権の申請費はいくらかは調べなかったけど、これから申請するひとたちにとってはお財布も頭も痛いと思う。
私もこれから先、外国に2年以上住んでまたこの国に帰ってくるなら永住権の申請にあたってはテストを受けなければいけないということ。

HOの移民対策は年々厳しくなってきている。
関連記事
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。