スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「向上なんてしなくていい。その1」

いつも自己の向上をといわれていて
若い頃はその言葉に踊らされ
いろんな本を買って読んで
感動してやってはみたものの
結局苦痛ばかりで
長続きせず
同じ自分がまだいる。。。
という繰り返しの日々でした。
今でも
「次のレベル」とか
「レベルアップ」とか
向上とは言わないけど同じ言葉を
耳にします。

向上とかレベルアップってなんでしたいの?って
そもそもする必要あるんですか?
今回は酔ってないけど
大声で言っちゃいます。

自分が必死に自己向上を目指していたときは
「向上しなければ人間として劣っている」でした。
向上=義務=Mustでした。
次は
「向上すればいいことある。今よりラッキーになって楽な生活ができる」
向上=ツキを呼ぶ=幸せ

逆に言えば今の自分があるべきものでない
変われてない自分の人生は不幸で良くないもの
できれば全部消し去って新しい画像をはめ入れたい。
そんな考えが根底にありました。

変える変えないは置いといて
ほんとに今の自分はよくないんでしょうか?
仮にも縁があって両親の子として生まれ、
愛情を受けるよりも
厳しい躾に心身涙を流すことばかりだったけど(自分の場合)
道に外れないよう教育してくれた
親の努力の賜物が
間違ってますかね?

今の自分を数パーセントでも否定する必要はないんです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。