スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近にある日本

ハーフターム休みの前にエンジェルがもらった宿題のタスク。

「お宅の子供さんは世界の課題としてSeoul, South Koreaを選びました。
この国の歴史、国旗、言葉、食生活を一緒に調べてください。
又写真なども、もってきてください。
あと1週間のお天気も一緒に記録してください。」
とあった。
「選べるならなんで日本にしなかったの?」
と聞くと
「韓国のことはあまりよく知らないからやりたかったんだよ。」と、エンジェル。

今はネットのことで大抵のことはわかるけど、やはり生の写真がほしい。
でも韓国のことってどこでわかる?

職場の人に
「息子がね、韓国について学ばないといけないのだけど。」とこぼしたら
「大英博物館に行くといいよ。韓国の部屋があるから。」と素晴らしいアドバイスが。

早速いってきました。
簡略な歴史や家の模型、遺跡からの展示物をみて、なんと写真も撮っていいっていうんでばちばち撮って来ました。

これでエンジェルの宿題の残りの課題は終わったので
外せない隣のJapanにGo!
やっぱ、日本いいですよ。
こんなすごいものがイギリスでしかもただで見られるなんて大英博物館ありがとう。
銅鐸やら埴輪が結構多く、平城、平安時代のものもちらほら。

で、びっくりしたことに平氏鎌倉室町戦国がごっそり抜けて
いきなり徳川幕府の江戸時代に!
ま、日本じゃないから展示するものがないのは仕方ないけどね。

兜や刀を見て興奮するエンジェル。
櫓時計についている分銅を食い入ってみていた。
やっぱ男の子だね。

刀は恐くなかったけど
壁に飾ってあった
能面の雰囲気がちょっと恐い。
でも浮世絵の人物の表情が素晴らしい。

魂入るってこういうことを言うんだ。
芸術家は死しても作品を通して今も私たちに語っているんだ。
ちょっとそこの金髪のおねえちゃん、写真ばしばし撮るよりも
もっとゆっくり鑑賞して!

近代もあるっていうんで見たら
明治のものや
昭和のポスターまで
高倉健も博物館入り!

みんな写真をばしばし撮っていたけど
浮世絵とか大丈夫なのかな?
と心配になったので日本のギャラリーでは写真を撮らなかった。

BMのWebでも一部見られるそうだ。

素晴らしい日本のものを見て日本人の血が吹き沸いてしまったけど、
ああやって飾られているものはあそこにあって
本当にいいんだろうかって
寂しく思った。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エンジェル君

韓国を選んだエンジェルくんの答えに唸りました。知りたいから!
単純なことだけれど、初めの一歩は好奇心からですものね。
そのあとMarmiteさんがとった行動も素晴らしい。
私ならすぐにネットサーフィンするところですが
大英博物館に足を運び、自分の目で確かめる。すごいですよ~。
エンジェル君の宿題のお陰で
日本の展示物も見る事ができましたね。

エミリアさん、どうもどうもありがとうございます。いやほんとうは韓国の料理屋さんの写真を撮ってこようかくらいしか考えてなかったんです。聞いた人は大英博物館のそばに住んでいるので助かりました。

博物館に行って、調べ物をするってすごく身になることだと思います。体感することの大事さを思い出しました!
エンジェルくんのその純粋な知りたいという気持ち、大人も見習わなくてはですね。
そういえば2年前行ったときは、日本のセクションはなぜか無くて、サインに従って行ったらトイレに行きついてしまったことがありました。笑
今はあるんですね!情報ありがとうございます。

Soyaさん

Soyaさん、
既知のものにどっぷりつかりこんでいては進歩がないですよね。私も今回のエンジェルの宿題でお隣の国の韓国のこと学ばされましたよ。旗の意味なんて知らなかったです。
今度ロンドン行かれたらJapaneseRoom見ていってくださいね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。