スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God is great

一月も、じきに終わり。
旦那の件があってのカウンセリングも今日で2回目のセッション。

思ったのは何もしていないようでいても日は確実に立ち、
当時は立ち上がれなかったけれども
日が経つと痛みも薄れ、気張らなくても頑張っている感じ。

神様の力って偉大ですね。
助けてくださいって言って力を受け取ることを潔しとすれば
何でもポッシブル。

いろんなシチュエーションがあって、その中でのサポートっていろんな形があり
目に見えないところで存在しているわけで、
フレキシブルに受け取ればそれはそれでことはスムーズにいくわけですし、
「自分がどうの」とか「相手は自分のことをこう思ってる」とか
肩肘張らなければいいのかなあと考えてます。

最初はどうしても旦那に謝らせようと頑張ってましたが、
彼が気づくときのタイミングは必ず来ると思いました。
こなくてまた同じことの繰り返しであれば、私も心の準備はできました。
今は今でこの平穏な癒しの時間を大切にして過ごそうと思ってます。
スポンサーサイト

Session 1

火曜日にカウンセリングに行ってきました。
本当は先週が最初のセッションのはずなのに、時間を間違えていて、カウンセラーはシビアにもそれをドタキャンだとみなしてセッションがあったことになりました。それでも5分間だけ話したのですが。

だから2回目のセッションですが、今回は初めてということで、何が問題で、どのように起こったのか、旦那との関係はどんな感じなのかということをバックグラウンドを知るということで話しました。
正直に時々自分が死んだほうがすべてがうまくいくのではないかと思う、ということまで話しました。それに対しては、「でも実行してないんでしょう?」ということで問答不要ということになりました。頭の中で考えるということは危険なのではないのですね。そう思うと、「実行できない弱虫」と言われたような気もします。

ま、それは置いておいて、ノートをとりながらふんふんと言われているうちに時間になって、この本読んだらいいわよ、と2冊勧められ、そのうちの一つ(Who moved my cheese?) がオンラインでダウンロードできたので読んでみます。来週のセッションの前に宿題で、誰が自分のサポートネットワークにいるのか、それと今までに起きた重大なことを年齢順に書き連ねるということで、必死にやったら1枚で終わらなければいけないのに、終わらず。(涙)マージンと字のサイズを変えてやっと一枚に収めました。めでたし!

書いてて思ったのは私の人生でいいな!って思った時期はすぐお別れがきておしまいになるのだわーということ。逆に「どん底だわ!」と思った時にもお別れがきてバイバイしたし。引越しとか転校とか国外高飛びとかがオフセットの役目をになっているのです。ふむふむ。結婚18年、今の職場は10年以上で、今すぐタイムリーなオフセットはないように思えますが、あるのでしょうか?ないとしたら、このことから私は何を学ぶべきなのか?次のセッションまで考えねば。



Have a nice dream!

新年早々気持ちが落ち込むばかりの日々ですが、
こんな私も今朝はとてもいい夢で起きることができました。

私が大好きなスヌーカー選手のロニー・オサリバンがマスターズのトーナメントで勝ったのですが、
夢の中ではなんと彼の応援に行って試合が長引き夜が遅くなってそのまま会場で寝込んでしまって、目が覚めたらロニーはスヌーカーの台で寝ていたのを見てびっくりして
「みんなこうやって眠るんですか?」と言ったら彼も起きて
すごくフレンドリーに答えてくれてプレゼントまでくれた、というはなし。
お別れするときに
「この頃勝機がいいんだよねえ」というから
「それはファンのお祈りの力です。私も応援してます。これからも頑張って!」なんて
言ったのです。

夢は夢だけど、意思の力は電波ですから、きっといいパワーになってつながりますように。

そう思うとロニーの夢を見たのも誰かが私のことを考えて
金運なんてこれからどうにでもなるよと励ましてくれたのかな?

今日はカウンセリングの日、いいセッションになりますように。

No apology

昨日やっとのことで勇気を振り絞って旦那に
「このあいだの6ページの手紙で私はとても傷ついた」と
伝えたところ
「傷つけるつもりは全くなかったけど、自分のフラストレーションを出さずにはいられなかった」
と言われました。
とどのつまり彼の中では自分の気持ちが正当なものならぶつける相手が誰であっても、容赦なく当ててもいいということで。

カウンセリングが必要なのではないかといったのですが、
それにはあまり返事もせず
相変わらず私は夫婦の時間を大切にしないだの、
自分のことを棚に上げて言いまくり。

私は趣味の時間がないとワークでのことがオフセットできない、
辞めるつもりは全くないと言ったら、ここで主張したら自分の趣味の時間も取られるかと思ったらしく
やめなくてもいいよ、ですって。

「君のことをどうサポートしていいかわからない」とかいうので
彼の思ってるレベルでのサポートは私は必要ない、
必要なのはくじけそうになった時私の強みを思い起こさせてくれて支えてくれることだけ。
とか言ったらまた話を私の仕事に方に持っていって
「自分で仕事をリードしない君はセルフエスティームに問題があるようだ。」と。
どうも彼の頭の中ではいつも夫婦関係では上に立ちたく、私をコントロールしたいようで。
それが彼の言う「ヘルプフルサポート」というようで、
私にとってはありがた迷惑のお仕着せ。

ま、怒らなかっただけでも儲け物なんでしょうが、
平行線ですね。
やっぱ落ち着く先は離婚か?

Still Alive

昨日の叫びと裏腹に
まだ私は生きてます。
神様からも見放されてるのですね。

昨日は1日気持ちを上げようとしてあがいて
バイブル365日という本を紐解いて
昨日の説を読んだらそれはジョゼフの話でした。
あの兄弟に妬まれて奴隷に売られてエジプトに流れ着いたあのジョセフです。

昨日の節はジョセフが牢屋に入る時の話で、
同じ牢屋仲間の夢を解き明かしてあげた時の話で、
助かったカップベアラーの人に
「僕のことを覚えていてね」と言ったにもかかわらず
カップベアラーは助かった途端ジョセフのことを忘れ去ってしまい日々が過ぎた、とありました。

ジョセフが何年牢屋にいたかは知りませんが(詳しく読んでないので)
カップベアラーを助けた時に自分が出られるのはすぐ!と希望が高くなったんじゃないかなと思いました。
それが1日が過ぎ、一週間が過ぎ、一ヶ月が過ぎ、それが1年となったのかどうかはわかりませんが、
ファラオが夢を見て悩まされ、全国からの占い師が呼び寄せられ、誰も解きあかせなかった時に
はじめてカップベアラーが「あ!」と思い出すまで、
ジョセフは日の目をみることを許されなかったわけです。

ジョセフは神様に近い存在だったのでもっと神様の意図をわかっていたのだとは思いますが、
逆境の中で待つというのは気が遠くなることで、
よくできたなと思います。

神様に遠い存在の私にとっては逆境の中で好機を作る、そのきっかけを見つけるなんて、痛みばかり。前向きに進めればいいのだけど、いつも叩き倒される。
これをやれ!というのがあれば従順にやりますが、
これかな!(就職活動)と思ってやって叩き倒され、それが何回も続くと
間違ってたのかな?なんて思って、
じゃあ、何をすればいいの?と泣き始めて、
何をやってもできないのなら生きてる価値ないじゃん?と絶望するわけです。

生きるということは食べたり、寝たり、安全を確保することが含まれてくるわけで、
細胞レベルでの活動だけじゃないんですよね。
私にこのまま子供と一緒にホームレスになれ、というのが神様の意図なんでしょうか?



Not good

昨日、就職の面接に行ってきました。
面接自体はホームランを打てた感じで、
パネルもニコニコしていたし、
求めもしない握手まで皆からされて、
ひょっとしたら、ひょっとして?なんて思っていたら。

今朝電話がかかってきて
「悪いニュースなんだけど」という切り出しで
「経験から言うと他の人の方にあるからそっちにした」と言われました。

この言葉何べんも聞いてます。
経験くれなかったらどうやって経験つめというの!!!

今のボスに
「面接のアドバイスとかくれてありがとう、でも受からなかったわ」と言ったら
「あなたはあの仕事をエンジョイするとは思えないから、いいんじゃない?」
と返答されました。

そこにはちょっと切れて、
「あのね、家をなくすかもしれないよりはいいんじゃないんですか?」
と言ったら、沈黙されました。

ああ、また職場での評判が落ちてしまった。
そんなこんなで涙が止まりません。
なんでこうなのか?
なぜ最後の一踏ん張りで私は抜けられないのか?
このままいったらどうなるのか?
やっぱり自分には価値がないのか?
いない方がいいんじゃないか?
うららかな冬の日差しがなんとも皮肉に見えてきて、
こんな眩しすぎる暖かな日差しは
自分には当たらないのではないか?

神様、もう頑張れと言われても頑張れません。
何度も打たれて叩かれて倒されて、泥にまみれさせられ
その泥の中から立ち上がることが私に許されない運命であれば
このままあなたの手で捻り潰してください。
それが愛だというものではないですか?

うつとお酒

土曜の日にすごく気持ちが落ち込んだ時
お酒を飲んだのですが、
そのあとものすごく気持ちが落ち込みました。
日曜のほうが気持ちが疲れることをして
もっと落ち込むかと思ったけど
お酒は飲まなかったです。
テレビを見て普通に寝て
今普通に起きてます。
気分的にはそんなに良くなったとかそういうことはないけど
お酒飲んでないので、体はまだ動くし、
気分的に1日は頑張れそうな感じ。

気分が本当に落ち込んだ時は
絶対お酒は飲まない方がいいとつくづく思いました。
自殺ってお酒飲んで起きる時がかなり多いのでは?と思ったくらいです。

ほとんど自己トーク

アクセス数が1日2つだったりすると、
「これ自分じゃないの?」と思ったりします。
ガッカリだけど仕方ないですよね。
だから思い切りやりたいように書いてみたりします。

「冬来りなば春遠からじ」
って言葉を思い出しました。
確かエースをねらえのひろみのお父さんが言っていた言葉だったと思うのですが。

でも出典はなんとシェリーという英国の詩人の詩の一節だったとか。
If winter comes, can spring far behind?
でも原文は疑問符で終わってますよね?日本語の断定とは違ってます。
すごく長い詩なんですけど、冬にゲンナーリ、うつ満載の詩なんですね。
結局自分を励ますどころかより落ち込ませてしまったのですが。
そんなこんなで昨日はいちにち冬眠モード。

でも今日は教会の日なので元気を振り絞って行ってきます。
エネルギー限界なんでまた落ち込んだりして。
明日からは仕事だし、インタビューの練習もしないといけないし。
元気なんてどこから出せばいいのか?
そもそも元気なんて考えないほうがいいのかも。

異国の地にて思ふ

昨日のイギリスは寒かった!
北極からの寒気団が来ているとかで雪も降っていたし。
積もりはしなかったけど風が冷たいのなんのって!

来年から仕事がなくなるし、
次を探すとはいえ面接で落ちまくっていて
自分に自信がなくなってきているし、
次が今週の木曜にあるけど
これが落ちたらどうなるんだ?と思いの方が先走って。

旦那のことも頭がいたい。
寒い天気も、膨れあがる不安やストレスの種をよそに
雪だるま式にでかくなる仕事の山が息をさせなくする。
もうこんなにいっぱいいっぱいの私は。。。
と思って涙が出そうになった時に目に留まったのは
手元のタブレットの待ち受け画像。
日本の地元の駅前で撮った写真。
自分のオリジンを忘れないようにと思って撮って使っている写真。

それを見た途端に
「どうせ死ぬなら日本で死にたい!」
「こんなところで討ち死にしたら情けない!」

守ってくれているのに死ぬこと考えている自分は
神様が見えてない、ダメな自分。
でも辛い時は辛いんだよね。
だけどここでは朽ち果てたくない。
これをバネにしてどこまでいけるのか?

ティーンエイジャーエンジェル

エンジェルは17歳。
もうエンジェルという名前で呼べないほど一言一言反抗の嵐。
何か言おうものなら100倍もの罵詈雑言が返ってきます。
ある意味では言葉の暴行に近い。
これもやはり父の影響か?

例えば「起きなさい」と言うとすると
何も言わないでずっとベッドでゴロゴロ。
三時まで起きていれば九時になっても起きれるわけないですよね。
それでもって辛抱強く待っていてもアクションがないので
「聞いているの?」とか言おうものなら(大体三十分後)
「何度も言われたくない!」
「マミーはそうやって行動をコントロールする。」
「子供みたいに扱っている」
「一度聞いたらそれでいいんだ。」
「自分は起きたい時に起きる」

で結局そういうことでもめた後にどうしたらいいか話し合ったのですが、
彼の要求は自分のやりたいようにやらせて欲しいとのことで、
自分の成績が悪いのは重々承知だけど自分で頑張るから介入しないで欲しい、
肩越しにヤイヤイいいうのは学校がしているので、家で同じことをされたくない、のだそうです。
その気持ち重々わかりました。
それにマミーだってやらなければいけないことは山ほどありますしね。
「わかった。試験のこともあなたに任せる。(落ちたらどうするんだよ!おい。と心の声)」
と一言言ったら途端に雰囲気が良くなりました。

それからの朝は
「あなた九時に起きると言ったから起こしているけど、起きられないでいるわね。
今起きたいの?次の声かけが必要ならいつがいいのかな?」
ということで「起きなさい」の連発がなくなりました。
彼も朝起きて勉強をしっかりしないと試験の準備(イギリスのA level ー大学入試のための全国共通試験と思ってください)ができないとわかっているので死んでる目の中から意識を呼び戻そうとしているのがしっかり見えるようになりました。
そんなこんなで二人で冗談も言えるようになり、
一度は稀になくランチデートなどしてしまいました。

試験は今度の9月からが本番です。
長い道のりですが、頑張ってくれ給え。

It is beginning

昨日いきなり電話がかかってきて
「カウンセリングをしてもらいたいって聞いたけど」と聞かれました。
確かに職場のクリニック宛のメールにそう書いて電話がかかった前日に送りましたが、
こんなにすぐ連絡が来るとは思いませんでした。
驚きました。
自分ではそう思わなかったけど、内容が深刻だったのでしょうか?
それともカウンセリングしてもらいたいって言ったらすんなり聞いてくれるものなのでしょうか?

それは置いといて
「6回までは職場がカバーするから」ということで
いきなり6回とも一週間おきにアポを取って
私のカレンダーが埋まってしまいました。
最初のセッションが来週の月曜から始まります。

解放



この中にラテン語で歌われている歌詞の英訳が冒頭にありますが、「人の中で生きる限り私たちを人としてあれ。沈黙の中でそう叫ぶ。」

心が傷つけられた時、傷ついた心はどうしても相手が化け物のように見えさせてしまうのですが、この曲はそんな心を癒して、自分がちゃんと力を持った「人間」なんだと考え直させてくれました。

辛い時

あけましておめでとうございます。
放置しっぱなしでスミマセン。

2017年はなんと夫婦喧嘩で開けてしまいました。
旦那は旦那で一方的に私をけなし、
6ページもの「なぜ私が悪い妻なのか、そのせいで自分が精神的なダメージをどれだけ受けてきたか」と書いてメールに貼り付けてよこしてきて、最後には「こんなことをする君は精神的におかしいのだからカウンセリングを受けるように。でなければ結婚は解消するように」と結ばれてました。

それを読んで逆上した私。
なぜに神様はこんなことをほっておくのですか?
これ以上私に耐えろというのでしょうか?
耐えきれない痛みを負うのが私の罰なら私はどんな罪を犯したのでしょうか?
借金の尻拭いばかりさせられてきた夫に愛情も尊敬も感じられないのが罪なんでしょうか?

そんなこんなでメンタルが非常にブレてしまいました。
今は色々と頭を切り替えるようにしています。
また追って経過をかける範囲内で書いていきます。
スルーしたい方はしてください。
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
検索フォーム
リンク
読み合わせに
あわせて読みたいブログパーツ
転んでも丸々とした達磨だから
苦労という苦労に木の葉のように翻弄され、叩き落されても又起き上がって。。。 でもそれが何か?

Job

Marmiteより。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。